データ管理とアナリティクスの統合によって、あらゆるビジネス上の意思決定の速度と正確性が向上します。

ブログ著者:Paul Barth   本ブログは What is your time to answer の翻訳になります。

ほんの10 年前、息子の学位授与式で、ヒトゲノムプロジェクトの代表、 Eric Lander 氏(英語)のスピーチを聞く機会に恵まれました。スピーチでは、科学と共に歩んだ彼の人生、プリンストン大学で数学を専攻していた頃は将来の明確な方向性がなかったこと、遺伝生物学の道に進むことを決断させた複雑な経緯を語ってくれました。科学のプロセスや現代の文化、経済に科学を取り入れることについても語ってくれました。彼の話のオチは、父が教えてくれたように、科学的発見を理解して、経済や文化に融合させるには何世代もの時間がかかるということでした。

この素晴らしい科学者が語った話の多くは真実でしょう。しかし、イノベーションのサイクルに関する意見には賛同できません。今日では、それはますます速くなり高速化されているからです。技術革新のサイクルは、かつて化学実験室に始まって、数千、数百におよぶ臨床試験が行われましたが、現在は 1 日数百万回におよぶ自然実験に取って代わられています。これはエリートの科学分野だけでなく、皆さんがご存知のように、私たちの身近にある日常の社会生活でも同じです。私たちのすべてのコミュニケーションや、毎日の足跡でさえ、予測する能力を追跡およびテストすることができます。

この加速の原動力はデータ、それも大量のデータです。マイクロアッセイからブログ記事まで、データは流星にも劣らない速度で、爆発的に増え続けています。いつものことながら、課題は生データを現実世界の観察へ変換することです。そこから信頼できるパターンとシグナルを示すことができ、これによってインサイトの提供や結果の予測ができるのです。

今日では、ビッグデータの経済性、データアナリティクス、カタログ化、高度なビジュアライゼーションと機械学習の組み合わせを通じて、世代の壁を打破するエコシステムを構築することができます。発見が受け入れられて理論になるのを数十年間待つことなく、数日または数週間でインサイトを作成し、それに基づいてすぐに行動を起こすことができます。他の CIO.com の記事では、この加速が予測的 M&A(英語)活動をどのように推進し、劇的なデータ管理コストの削減(英語)、また優秀な人材の維持(英語)といった問題に対処したことについて書かれています。

データ管理とインサイトアナリティクスのパイプラインは、さらに統合が進行中です。私の会社、Podium Data と Qlik の連携(英語)は、データサイエンティスト、ナレッジワーカー、一般ユーザーが、効率的にビジネスの意思決定に参加できるエンドツーエンドのソリューションを提供する市場が構築されている 一例です。将来のエコシステムにとって不可欠だと考える原則をいくつかご紹介します。

  • 生データからの準備: システムは、使えないデータ、誤ったデータタイプ、意味のあいまいなデータまたは疑わしいデータを自動的に識別できなければいけません。データが構造的に不明瞭だと、パターンやインサイトについて分析ができないからです。
  • セルフサービスショッピング: 情報を求めているユーザーにとって、十分に文書化された使用可能なスマートカタログからデータを参照、確認、購入できる必要があります。データとアナリティクスの民主化により、エリートデータサイエンティストのみに限られていたコミュニティが広範な利用者にまで拡がり、入念に検査され統制されたデータにアクセスできます。この拡がりの重要な人的要素は、「データリテラシー」です。従業員がこの新しい機能を十分に活用できる環境を確保する必要があります。
  • 高速反復処理: アナリストは、IT 担当者を介さずに、数分間でデータをロード、アクセス、準備、分析できる必要があります。サイロ化されたアナリティクスサンドボックスを使用する従来型のアプローチとは異なり、新しいパラダイムは、発見から稼働まで DataOps ライフサイクル全体を通じて、データを管理する共通のプラットフォームが提供します。これにより、データサイエンティストとビジネスアナリストのコミュニティのつながりが密になり、最も一般的または信頼できるデータセットなどのクラウドソーシング情報がサポートされます。

これらの原則は、私が 10 年前に定義したアナリティクスの基本的指標を最適化するのに役立ちます。貴社では、対応に要する時間はどのくらいですか。対応を数日ではなく数時間で(および数か月ではなく数日で)対応できる会社は、時間とコストが節約できるだけでなく、実際にビジネスを変革しています。アナリティクスは、ビジネス上の緊急の意思決定を促す情報を提供するようになり、プロセスは最適化の手段となり、データとインサイトは新たな製品となります。豊富なデータとアジャイル分析を備えた企業(Amazon、Google など)が従来型の市場(保険、銀行、小売など)にどのように働きかけているかを見てください。

企業の取締役会および最高責任者クラスの幹部は、この新しい世界で競争を制するために戦略的なデジタル変革プログラムを開始しています。これらのプログラムの活力源は、対応時間を短縮し、迅速なテストと学習のサイクルを可能にする、俊敏で統合されたデータおよびアナリティクスのエコシステムです。