近所のお店に来てください!

ブログ著者:Scott Jennings   本ブログは The Gig Economy の翻訳になります。

UberLyftSnagWork。これらはすべて、急速に拡大するギグエコノミー(英語)の一角を占める企業です。ギグエコノミーとは、短時間労働のフリーランス非正規労働者を雇用する経済運動です。

17 年ぶりの低失業率(英語)を記録した米国では、柔軟な働き方(英語)、本業以外の収入、ワークライフバランス(英語)が可能になるフリーランスや非正規雇用という働き方に人気が集まりました。また雇用主にとっては、正規雇用のように長期コストをかけずに必要な時だけ柔軟に人を雇える点で需要が高まっています。Intuit の 2020 年度報告書(英語)によると、ギグエコノミーのトレンドは現実に存在し、拡大しつつあります。「現在、米国の労働者の約 25 ~ 30% が非正規労働者」であり、「2020 年までには、米国の労働者の 40% が非正規労働者になる」と予測されています。ギグエコノミーが拡大している 1 つの要因として、Uber や SnagWork など、消費者向けテクノロジーのプラットフォームがあります。これにより、スマートフォンから「ギグ」つまり短期のフリーランスの仕事を簡単に見つけられることです。Pew Research Center によると、「現在、米国人の 4 人に 1 人がデジタルプラットフォームエコノミーから収入を得ている」ことに小売業者が注目し始めています。

小売業のオンデマンド化

小売店、レストランチェーン、ホテルは、人手が必要な場合にオンデマンドワーカーを活用してシフトの穴埋めをしています。中には、食卓やビールの準備と片付けなど複数の仕事を掛け持ちして週 40 時間のフルタイムに相当する労働に就いているギグワーカーもいます。労働者と小売業者は、Uber や Lyft と同じような、雇用関係を数値化するさまざまなアプリによって格付けされます。同様に、小売業者が Instacart などのテクノロジープラットフォームと提携してフリーランスショッパー (買い物代行) から消費者にオンデマンドで商品を配達するサービスがあります。これは、Kroger、Albertsons、Costco などの小売業者とも取引きを行っています。Amazon による Whole Foods の買収後、食料品業界は迅速なサービスの提供に注目し、多くの食料品チェーンが、時代の流れに追随するためにギグエコノミーを活用したテクノロジープラットフォームを利用し始めました。しかし、ギグエコノミーにおけるパートナーシップすべてが良い結果を生むとは限りません。その証拠に、Walmart と Uber は、2 年間続いた食品宅配の提携を解消(英語)しました。小売業者にとっての利点は、人手不足をギグエコノミーによって埋め、戦略的パートナーシップに投資できる点でしょう。しかし、ここで大きな疑問が浮かび上がります。どの人手不足を埋め、どの戦略的パートナーシップに投資すればよいのでしょうか。

答えはデータの中に

答えはデータの中にあります。データは企業ファイアウォール内だけでなく主要パートナーとの企業ファイアウォール外にもあります。データを適切に分析するには、小売業者は次の主要機能を備えた俊敏なアナリティクスプラットフォームに投資する必要があります。

  1. データの組み合わせ: アナリティクスプラットフォームは、社内外のさまざまなデータソースに接続できなければいけません。従業員のデータは多くの場所に分散されます。たとえば、テクノロジープラットフォーム、職務経歴確認サービス、面接記録やコメント、従業員の人事評価履歴、人事システムのほか、POS 情報の中といった場所です。
  2. 堅牢なガバナンス: 従業員情報は機密情報です。従って、適切な雇用判断を下すために、主要取引パートナーとの共有情報やインサイトはすべて、適切なユーザー以外はアクセスできないようにする必要があります。
  3. ストーリーテリング: ギグエコノミーによってコスト削減の機会がもたらされます。データストーリーテリングは、ギグエコノミーへの投資に関するインサイトを上級管理職や重要なステークホルダーに提供するための重要なコンポーネントですです。

世界中の小売業者が Qlik アナリティクスプラットフォーム を使って業績を向上しています。ギグエコノミーは、小売事業の売上向上と利益保護に役立つ隠れたインサイトを明らかにするための次の自然な段階なのです。ぜひ Qlik 製品のデモ(英語)をご覧ください。5 つ星の品質をお約束します。

関連リンク:データ主導型インサイトで小売業務を変革する