はじめに

Qlik Senseでは、既定ではユーザーが行った選択条件は全てのチャートに適用されます。それに対し、当エントリでご説明する「並列ステート」を活用すると、2つのチャートを作成してそれぞれに異なるフィルタ条件を適用し、比較分析などを行うことができます。ここではこの「並列ステート」について解説します。

image

事前の準備

このエントリでは、「10分で試すQLIK SENSEでデータ分析」の手順に従ってQlik Sense Desktopのインストールが完了しており、そこで作成した「売上分析」アプリを使って解説を行います。もし作業をまだ実施されていなければ、以下のリンク先の手順に従って作業を実施して下さい。

>>「10分で試すQLIK SENSEでデータ分析」

並列ステートを適用するチャートの作成

販売分析のアプリを開いて新しいシートを作成し、フィルターパネルを画面左上に配置して「商品カテゴリ」を選択します。

image

画面右上に棒チャートを配置して、軸に「商品名」、メジャーに「Sum([販売価格])」を選択します。

image

フィルターパネルと棒チャートをそれぞれコピーして、画面下半分に張り付けます。チャートのコピーと貼り付けは、画面下部のアイコンで行うことができます。

image

並列ステートの作成と適用

並列ステートの作成

左側のメニューから[マスターアイテム]>[並列ステート]を展開し、[新規作成]をクリックします。

image

[新規状態名]に「StateA」と入力します。

image

同様の手順で「StateB」も作成します。作成した以下の2つのステートが一覧に表示されます。

image

並列ステートの適用

「StateA」をドラッグして、左上のフィルターパネル上にドロップします。

image

[状態を適用]をクリックします。

image

同様の手順で、それぞれ以下の様に全てのフィルター、チャートに対して作成したステートを適用します。

image

尚、チャートに適用されたステートは、チャートを選択して右側プロパティパネルの[スタイル]>[並列ステート]で確認・変更することができます。

image

並列ステートの動作の確認

画面右上の[完了]をクリックして、並列ステートの動作を確認します。上部のフィルターパネルで「エアコン」、下部のフィルターパネルで「テレビ」を選択すると、それぞれ右側の棒チャートに異なる選択条件が適用され、比較分析が行えることが確認できます。

image

上部の適用された選択条件をクリックすると、ステートごとに異なる選択が適用されることが確認できます。ここで、それぞれのステートの選択解除や選択変更を行うことができます。

image