このページではQlik ReplicateやQlik Composeなどをご利用頂くに当たって、参考となる技術資料を公開しています。Qlik Replicateの一連の資料については主に2021 Mayバージョンを元にしていますので、最新の情報についてはヘルプも併せてご参照ください。


1. Qlik Replicateの操作方法

Qlik Replicateのインストール

Qlik ReplicateのWindows版、およびLinux版でのインストール手順を解説します。

Qlik Replicateコンソールの利用方法

Qlik Replicateのタスク作成や設定などを行うためのコンソール利用方法を解説します。

Qlik Replicateでのエンドポイント設定の概要

Qlik Replicateでのエンドポイント設定の概要について解説します。

Qlik Replicateでのタスクの定義と管理

Qlik Replicateのタスク追加、エンドポイントの定義と管理、レプリケート対象のテーブル・ビューの選択、タスクの移行などの手順について解説します。

Qlik Replicateでのテーブル設定詳細(Table Settings)

データの変換やフィルタ、パラレルロードなど、テーブル設定(Table Settings)画面で行える操作を解説します。

グローバルルール(Global Rule)の詳細

同じタスク内の複数のテーブルや列に変更を加えたり、フィルターを適用する場合に便利な方法である、グローバルルール(Global Rule)の利用方法を解説します。

Expression Builder(式ビルダ)の詳細

フィルタ、変換、またはグローバルルールで式を作成する際に利用する、Expression Builder(式ビルダ)の詳細を解説します。

Qlik Replicateでのタスク設定の詳細(Task Settings)

Metadata、Full Load、Change Processing、Error Handlingなどのタスク設定(Task Settings)詳細を解説します。

Qlik Replicateタスク実行時の操作

タスクを実行する際の様々な実行オプションについて解説します。

Qlik Replicateでのレプリケーション・タスクの監視と制御

Qlik ReplicateでのFull Load操作や変更処理操作の監視、テクニカルサポートツールの利用について解説します。

サーバー設定(Server Settings)の詳細

Qlik Replicateのサーバーの設定を構成する方法について説明します。

Change Tables(変更テーブル)のご説明

Qlik ReplicateタスクのStore Changesオプションを有効化した時に作成が可能なChange Table(変更テーブル)について解説します。

Control Tablesの詳細

変更処理エラーやタスクステータスなどの情報を保持するコントロールテーブルについて説明します。

Replicate Loggerの詳細

Qlik Replicateのログ出力の詳細について解説します。

Qlik ReplicateでのLog Streamの利用

単一のソース からのデータ変更を複数のターゲットに適用できる、Log Streamの利用方法を解説します。

双方向レプリケーションの(Bidirectional Replication)の利用方法

2つのエンドポイント間で双方向でデータ同期が可能な、双方向レプリケーション(Bidirectional Replication)の利用方法を解説します。

Qlik Replicateのファイルチャネルの利用

遠隔拠点間や低速なネットワークを跨ったレプリケートを行うためのファイルチャンネル(File Channel)の利用方法を解説します。


2. Qlik Replicateのエンドポイント設定

Microsoft SQL Serverソース・ターゲットエンドポイントとしての利用
Amazon RDS for SQL Serverのソースとしての利用
Microsoft Azure SQLマネージド インスタンスのソースとしての利用
Microsoft Azure SQLデータベースのターゲットエンドポイントとしての利用
Oracleソース・ターゲットエンドポイントとしての利用
IBM DB2 for iSeriesのソースとしての利用
IBM DB2 for LUWのソースとしての利用
IBM DB2 for z/OSのソースとしての利用
MySQLソース・ターゲットエンドポイントとしての利用
PostgreSQLソース・ターゲットエンドポイントとしての利用
ODBCソース・ターゲットエンドポイントとしての利用
ODBC with CDCソースエンドポイントとしての利用
Amazon EMRターゲットエンドポイントとしての利用
Microsoft Azure HDInsightのターゲットエンドポイントとしての利用
Apache Kafkaのターゲットエンドポイントとしての利用
Amazon Kinesis Data Streamsのターゲットエンドポイントとしての利用
Snowflakeターゲットエンドポイントとしての利用
Amazon Redshiftターゲットエンドポイントとしての利用
Microsoft Azure Synapse Analyticsターゲットエンドポイントとしての利用
Google Cloud BigQueryターゲットエンドポイントとしての利用
ファイルソース・ターゲットエンドポイントとしての利用
Amazon S3ターゲットエンドポイントとしての利用
Azure ADLSターゲットエンドポイントとしての利用
Google Cloud Storageターゲットエンドポイントとしての利用
Microsoft Azure Databricksターゲットエンドポイントとしての利用
Salesforceソースエンドポイントとしての利用
SAP Applicationソースエンドポイントとしての利用
SAP Application (DB)ソースエンドポイントとしての利用
SAP Extractorソースエンドポイントとしての利用
SAP HANAのソース・ターゲットエンドポイントとしての利用

3. Qlik Compose(DWH・データレイク自動化)

Qlikデータ統合製品によるリアルタイム分析とDWH/データレイク自動化 – Qlik ReplicateとQlik Composeのご紹介

Qlikのデータ統合製品であるQlik ReplicateやQlik Composeのご説明やデモを含む動画・資料を提供します。

Qlik Compose for Datawarehouseチュートリアル

MySQLのデータソースと、Snowflakeのデータウェアハウス(DWH)を対象に、Qlik ReplicateとQlik Compose for Data Warehousesを利用してリアルタイムにデータを分析するためのDWHを設計・構築の手順をご紹介します。

4. SAPデータソリューションの概要説明資料

Qlikデータ統合製品によるSAPデータのリアルタイムDWHの実現

Qlik ReplicateとQlik Composeについて、SAPデータをクラウド系のDWHにリアルタイムにQlik Replicateでレプリケートし、Qlik Composeでそのデータをアナリティクスに活用できるようにモデリング・加工を行う一連の流れや機能、および製品の特長について主に技術的な観点から解説します。

Qlik Senseを使ったSAP ECCとSAP S/4 HANAのデータ分析

Qlik ReplicateとQlik Composeについて、SAPデータをクラウド系のDWHにリアルタイムにQlik Replicateでレプリケートし、Qlik Composeでそのデータをアナリティクスに活用できるようにモデリング・加工を行う一連の流れや機能、および製品の特長について主に技術的な観点から解説します。

5. Qlik Gold Client(SAPテストデータ管理)

Qlik Gold ClientによるSAPテストデータ管理

Qlik Gold ClientはSAPのテストデータ管理製品で、SAP本番環境からデータの必要なサブセットのみを上手く切り出して、そのデータを開発環境、QA、サンドボックス、トレーニング環境といった非本番環境にインポートすることができる製品です。データをスクランブルする機能もあり、データの機密性の高い部分を安全に難読化してスクランブルすることができます。ここでは、Qlik Gold Clientのご説明とデモをご覧いただけます。

SAPテストデータ管理–Qlik Gold Clientのご紹介

SAPのテストデータ管理のソリューションであるQlik Gold Clientについて解説します。

Qlik Gold Clientチュートリアル

Qlik Gold Clientの実際の製品上での利用方法の流れについてご説明します。