月例 Web セミナー: Qlik Espresso Web セミナーシリーズ

データ統合からデータアナリティクスを実行

デジタルトランスフォーメーションは、今日の大きな課題の一つです。競争力を向上するには、データ主導型への転換が必須です。データを活用してイノベーションを実現するには?

Qlik Espresso Web セミナーシリーズでは、Qlik 製品のプロフェッショナル達が Qlik 製品の簡単な概要、製品デモンストレーション、使用例についてご紹介します。本 Web セミナーは、毎月 1回・最大 30分間の内容でお送りします。コーヒーを飲みながら、短時間でお気軽に参加できる Web セミナーシリーズです。ぜひ、ご参加ください。

※英語による Web セミナーは、日本語字幕付きでお届けします。
※複数の Web セミナーにお申し込みいただけます。ご希望の Web セミナーを 1 つ以上ご選択の上、お申し込みください。
※内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。

開催概要

  • 参加費: 無料
    *本 Web セミナーは、パソコン、タブレット、スマートフォンから無料でどこからでもご参加いただけます。
9/30(木)15:00 開催: Qlik の拡張アナリティクス – ビジネスインテリジェンスにおける AI

第 3 世代の BI が登場し、それは AI に大きく依存しています。 拡張アナリティクスは、より深いインサイトを引き出し、より多くのタイプのユーザーにアナリティクスへのアクセスを可能にします。 しかし、多くの企業では「型にはまった」アプローチを選択したり、単に AI を追加しようとしています。 AI は基盤レベルでプラットフォームに組み込まれるべきで、あらゆるスキルレベルのユーザー、あらゆる分析のユースケースに対応できなければなりません。本 Web セミナーでは、拡張アナリティクスにおける Qlik の取り組み、検索ベースの分析、会話型アナリティクス、高度なアナリティクスなど、Qlik Sense に搭載された強力な Insight Advisor 機能をデモでご紹介します。

 

オンデマンド配信

日本赤十字病院事例 – データを使いこなせる組織への変貌

全国 90以上の拠点を有する日本赤十字社は、以下のような課題を Qlik で解決することができました。全社をあげたその取り組みについて、各部門のご担当者様よりご紹介します。

  • 本社はデータ集計に追われている
  • 分析のノウハウや分析ツールを持ち合わせていない
  • 豊富なデータが現場で使われずに眠っている
インテリジェントでタイムリーなアクションを可能にするデータ主導型アラート

データへの迅速なアクセスは、これまで以上に重要になっています。 Qlik の優れたデータ主導型のアラートは、インサイトに基づいて即座にアクションを促し、より先を見越したビジネスの監視、管理を支援します。 本 Web セミナーでは、Qlik のアラート機能を活用して、受動的なインテリジェンスからより能動的なインテリジェンスへと進化する方法をご紹介します。

アナリティクスに対応したデータレイク構築の成功例

データレイクは多くのメリットをもたらしますが、現実には投資対効果が得られないことも多々あります。その理由として、データレイクの実装は複雑、専門知識が必要、導入には数ヶ月から数年かかる、といった理由が挙げられます。本 Web セミナーでは、データレイクアナリティクスの取り組みに、より迅速かつ効果的に着手するために、データレイク構築への俊敏なアプローチを実現する方法をご説明します。

株式会社IHI の調達トランスフォーメーションを支援する Qlik 活用例のご紹介

エネルギーシステムや航空機用ジェットエンジンなどのエンジニアリングおよび製造・販売を行う株式会社IHI では、属人的な手作業による情報提供の状態から脱し、調達データレイクの構築を通じた一元的なデータ管理によるロスコスト防止と有益なインサイト提供を目指しています。その一環として、ビジネス状況を横串で視覚化するために Qlik を活用しています。本 Web セミナーでは、Qlik 活用イメージのご紹介を交えながら、同社の取り組みをお話いただきます。

Qlik アナリティクスの力でデータの盲点に対処

クエリに基づいた直線的なデータ探索は、柔軟性に欠け、時間を要する上に、限界があります。「質問する。待つ。答える。」という循環は、アナリストに過度の負担をかけることになります。最終的にはインサイトを制限してしまい、ビジネスの速度に適した方法ではありません。Qlik 独自のアナリティクスエンジンは、すべてのデータを統合し、制限なく探索できるようにします。本 Web セミナーでは、Qlik がどのようにして以下を実現するのかをご紹介します。

  • 事前に定義されたクエリを使用することなく、すべてのデータを検索・探索する
  • すべてのデータ情報源を容易に組み合わせ、データの関係性を探る
  • 思考の速度でインサイトにアクセスする
アナリティクスに適したデータパイプラインをクラウドで構築する際の留意点

クラウドへのデータ移行には多くの課題があります。 従来の ETL プロセスでは、拡張性があり、効果的でタイムリーなデータをビジネスに提供することができません。 その結果、データの提供に時間がかかり、古い、不正確な、信頼できないデータを使ってレポートを作成することになり、ビジネスユーザーは不満を感じています。
本 Web セミナーでは、統合されたデータ統合プラットフォームでクラウドへの高性能でアナリティクスに適したデータパイプラインを構築する方法について解説するとともに、米国のエネルギー会社、Devon Energy 社が Qlik を活用して必要な場所に、適切なフォーマットで、新鮮なデータを提供している好例をご紹介します。

  • ゼロコード環境で、高性能でアナリティクスに適したデータパイプラインを構築・管理する際の主な検討事項
  • 変更データキャプチャー(CDC)とバッチ削減による低レイテンシー化で、変更が発生したデータをリアルタイムで保存
  • AWS、Azure、GCP、Snowflake などのすべてのクラウドプラットフォームにほぼリアルタイムでデータを配信し、価値創出への明確な道筋を実現
  • SAP などのトランザクションシステムに対するパフォーマンスへの影響を最小限に抑えながら、高性能な複製を実現
みずほ銀行の新ビジネスを支える Qlik クラウドデータプラットフォーム

みずほ銀行様のデジタルマーケティング部の担当者が登壇!所有する膨大なデータを安全に活用し、付加価値の高い新しいビジネスモデルの構築が金融業界における DX の要です。本講演では邦銀初となる統計データを提供するビジネスを開始したみずほ銀行が、その内容とサービスインに至るまでのプロセス、そして今後の展望を紹介します。

お申し込みはこちら