データ リテラシーはデータの理解だけでなく、データ内の適切なストーリーを伝えることも重要です。

ブログ執筆者 :  Jordan Morrow  本ブログは 「Data Literacy – Tell me a Story」 の翻訳です。

今日では、データ利用の必要性、デジタル的なビジネス変革の必要性、データ・リテラシー スキルの向上の必要性について理解することなく、ビジネスの調査を行うことはほぼできません。私たちは、今日の経済と職場環境において、4 つのデータ・リテラシー スキルの必要性が最も重要であることを認識しています。

これらのスキルには、データを読み、使い、分析し、説明する能力が含まれます。また、データ・リテラシーの DNA が流れ、それを作り替え、そして意思決定の最前線にデータとインサイトをもたらす文化が組織には必要であることも知っています。目立たないように思えることもあるが、最前線に来るようになり始めた 1 つの重要な要素:データ ストーリーテリング スキル。データ・ストーリーテリングとは何ですか、どのようにデータ・リテラシーに関連するのですか?ストーリーテリングが重要である理由は何ですか? また、データ・ストーリーテリングの中ではどのようにスキルを向上させることができますか?

本ブログ記事では、このスキルを明らかにし、なぜデータ・ストーリーテリングの方法を学ぶべきか、さらに、それがデータのインサイトを得るためにどのように重要かを説明します。 簡単な Google 検索では、データ・ストーリーテリングが次のように表示されます:「ビジネスの決定や行動に影響を及ぼすために、データ分析を誰にでもわかる言葉に翻訳するプロセス」 。データ・リテラシーの 4 つのテナントは、データの読み取り、分析、および説明を行う機能です。ストーリーテリングを利用したデータからインサイトを収集する機能が各特性に直接収まることを確認できます。

データを読み取る能力は、ストーリー の組み立てを可能にします。データを扱う能力は、必要なコンテキストにストーリーを取り入れ、インサイトを集めることを可能にします。コンテキストは、正しいストーリーを伝える最も重要な要素の 1 つです。データを分析する能力は、ストーリーを利用してインサイトが得られるようにします。最後に、データを適切に説明するには、ストーリーテリングは大きな資産になる可能性があります。ストーリーを使用してデータに基づいたポイントやインサイトをもたらすことによって、データを効果的に使ってビジネスの意思決定を促進できます。しかし、なぜストーリーがデータの世界で問題を説明しているのでしょうか。人々はすでにインサイトを正確に共有する技術を持っているのではないでしょうか?

スピーチのマナーの記事から次のことを知ることができます :「平均 1 分のスピーチでは、通常、学生は 2.5 件の統計を使用します。10 人中 1 人の学生しかストーリーを話しません。これらはスピーチに関する統計です。その一方で、「記憶」の統計は、ほぼミラーイメージです : 学生が講演を思い出すときは、63% がストーリー を思い出します。個々の統計を覚えているのはわずか 5% です。」 現実には、すべての人々がデータの言語や流暢さに精通しているわけではありませんが、人々はストーリーを覚えています。今までに経験した思い出に残る会話や、聞いた思い出に残るスピーチを考えてみましょう。それらはストーリーや会話自体の思い出ですか、それとも、いろいろな統計ですか? これは、以前のブログ記事で示したように、今日作成されている大量のデータはデータスキルのギャップを生み出しており、個人や組織は現在、このデータをすべて活用するために必要なデータ・リテラシーのスキルを備えていません。組織はデジタル変革や作成している独自のデータを十分に活用したいのですが、データ サイエンスに必要なトレーニングが不足しています。最も効果的にこれに対処するには、組織内のストーリーテリングを活用して、インサイトを引き出し、より多くのメンバーを参加させる必要があります。

データ・ストーリーテリングのスキルをどのように向上させることができますか? 誰もが伸ばす必要があるデータ・リテラシーの 1 つのスキルは、流暢さです。会話を持ち、効果的にデータを提示し、適切にコミュニケーションを図ることは、データ リテラシーでは不可欠の能力です。データを読み、使い、分析し、説明するという 4 つの特徴について考えると、すべてがデータの流暢さの一部であることがわかります。加えて、適切な語彙を理解してデータを活用することで、より優れたストーリーテラーになることができます。

データの流暢さを取り上げ深く掘り下げた書籍、「Data Fluency:Empowering Your Organization with Effective Data Communication (データの流暢さ: 効果的なデータ コミュニケーションで組織に力を与える)」があります。この本は、個人のデータ リテラシー スキルを向上させ、組織におけるデータ主導型意思決定とストーリーテリングの参考になります。