Qlikを使用して、Canon Russiaはユーザーフレンドリーなアプリを構築し、レポートの共有を簡素化しました。

ブログ著者 : Christopher Ferrara  本ブログは Customer Spotlight : OneWindow at Canon Russia   の翻訳になります。

 

 

Canonは、画像キャプチャおよび処理のためのデジタル製品およびソリューションを提供する国際企業です。 同社は東京に本社を置き、250以上の子会社があり、世界中の支社に19万人以上のスタッフを雇用しています。

キヤノンは、モスクワ、サンクトペテルブルク、ノボシビルスクに事務所を構え、キヤノンロシア経由でロシア連邦で事業を行っています。 地域の優先課題の目標は、B2B(ビジネスソリューション)とB2C(消費財)セグメントの両方で販売拡大とサポートを推進するために、パートナー、主要顧客および主要ロシア企業と長期的かつ生産的な協力を確立することです。

キヤノンのような大企業では、世界中のいくつかの地域で、通信のボトルネックが恒常的に発生しています。 キヤノンロシア自体は、複数のITシステムの管理やデータ容量の増加によるレポーティグのスローダウンが課題でした。部署のマネージャーやシニアエグゼクティブは、異なるソースのデータと単一のビューを組み合わせたソリューションを探していました。

Qlikはすでにいくつかのヨーロッパ諸国の部門で使用されており、内部的にはスケーラブルなプラットフォームとして知られていました。 キヤノンロシアはQlikのパートナーであるATK Consulting Groupと緊密に協力し、商品やチャネルの階層別に分類されたプライマリとセカンダリの販売データに焦点を当てたアプリケーションを開発しました。

「2016年には、パートナーであるATK Consulting Groupと共同で、最も重要なBIレポート機能を実装し、

従業員のトレーニングを提供し、当社独自のアプリケーションに追加機能を追加し始めました。」

– Pentti Nelimarkka、Director of Strategic Growth, Canon Russia

キャノン・ロシアの財務部門は、オンボーディング・プロセスの一環としてQlikエコシステムに参加しました。 ロシアの会計慣行と欧州財務会計システム(USGAAP)の2つの勘定システムに基づいて、債権、損益に関するデータを管理するプラットフォームを開発しました。 この基盤について、キヤノンロシアは、ディストリビューターとパートナーの現在のサプライチェーン状況を反映して、需要計画と実行のために在庫データを統合しようとしています。

Qlikアプリケーションは、現在トップマネジャー、ファイナンス、マーケティング、セールス、戦略企画部門など、キヤノンロシアのほとんどの部門で利用されています。 このプロジェクトは、内部的にOneWindowと呼ばれ、11のデータソースと1.7mのトランザクションラインを組み込んでいます。 財務報告と商業報告の5倍の削減と、複数の部門にわたる合理化されたビジネス意思決定プロセスを開発しました。 OneWindowは、ユーザーのさまざまな役割やビジネスタスクに合わせてカスタマイズされ、さまざまなレポートレベルへのアクセスマトリックスによって管理される、いくつかの自動BIワークステーションとして構成されています。

「プロジェクトが進行している7ヶ月間にわたって、私たちは実際には、

現在のビジネスインテリジェンスへのアクセス在庫はQlikプラットフォームに基づいています。」

– Pentti Nelimarkka、Director of Strategic Growth, Canon Russia

今後、キヤノンロシアは、デジタル活動とソーシャルネットワークデータを部門の計画と予測の取り組みに統合することに重点を置いて、マーケティング、サービス、ロジスティクス部門のBIレポートをさらに詳細にする予定です。