Qlik はデータ アナリティクスの正しいロードマップを皮切りに Goldcar が世界を旅するのを支援。

筆者:Mark Bilotta 本ブログは「Customer Spotlight: Finding the Right Path with Data Analytics」の翻訳です。

COO の Jaime Soriano が彼自身の言葉でストーリーを語るのを聴きたいですか? それなら Qlik のバーチャル イベント「2017 年: データ リテラシーの年」をお聴きください。 1985 年に 5 台の車から始まり、今日 50,000 台を超える車を有する Goldcar は、顧客が世界を旅するのを誠意をもって支援するレンタカー会社です。 スペインで創業した Goldcar は、現在 13 か国で運営し、1,000 人を超える従業員を擁します。 数千人ものヨーロッパ人にとって、Goldcar は休日に利用するレンタカー会社です。その理由は、低価格で、予約を保証するユーザーが使いやすい予約システム、優れた顧客関係管理を誇る企業だからです。 しかし、所有する車両が大量にあり、組織はヨーロッパ大陸全土に広がる Goldcar は、膨大な量のデータを管理する支援を必要としていました。

2014 年、 Goldcar は未公開株式投資会社に買収され、それに伴い、同社に新たな目標が生まれました。 新たに起用された COO の Jaime Soriano 氏は、地理的な拡大、サービス品質の向上、技術の統合を通して効率性を高めることで、組織の革新を任されました。 最も重要なことは、 Soriano 氏は一元的管理を維持するよう依頼されたことです。Goldcar は各国に本社を置くのではなく、1 つの中央本部を置くことを望んでいたのです。 これらの課題に直面した Soriano 氏は、次のようにコメントしました。

「私は BI ツールを変える必要があると考え始めました。 既に良い情報を手に入れていましたが、特にさまざまな国から得られるデータなど、すべてをまとめて管理するのが非常に困難でした。 データがどう関連しているかを把握することができませんでした。グローバルな視点が本当に必要だったのです。 そこで、BI ツールで何が必要なのかを検討しました。 パートナーが必要なものを見つけることができる、セルフサービス式の使いやすさが必要でした。また、柔軟性があり、携帯できることも必要でした。

すべてのデータがどのように結びつけられているかといったその結合的な考え方から、当社は Qlik を選びました」。

Qlik を導入する前は、Goldcar のデータ管理は、所在地や部門ごとに異なる Excel のスプレッドシート全体にちらばっていました。 Soriano 氏はデータを保管する一元化された方法がなかったため、データ内のミスや見逃しがたびたびあったことを見つけました。 常に信頼できるものではなく、そこからインサイトを得やすいわけでもなかったため、多くの従業員がデータではなく、単に直感に頼って意思決定をしていました。 Goldcar は企業のあらゆる面をひとつにまとめるシンプルなダッシュボードを必要としていました。

最初に Qlik を導入してから 3 ヶ月後、Goldcar には運営、業務、財務、会計、人事などに関連したすべてのデータを表示する、幅広い Qlik ダッシュボードがありました。 何より良い点は、それは常に更新し続けているということです。 30 分ごとにデータが更新されるため、どの店に列ができているか、どこで競合が値段を下げているかが分かりやすく、Goldcar は迅速に対応できました。 この 1 つのダッシュボードで、Soriano 氏は会社を管理できたと感じたと言います。

「違う国から運営を行っている場合、本部が他のロケーションで何が起きているか気付かないことがよくあります。 当社の本部では、常時 Qlik ダッシュボードを表示した 4 つの画面を設け、コンスタントに更新し、各ロケーションの日々の業績を表示しています。 各国のマップと利用中の車の台数、サービスを待つ列、各国の価格を見ることができます。 各オフィスの問題が何か、その問題がいつ起きたのかを正確に知ることができます」。

Qlik を利用することで、Goldcar ではダッシュボード上の生きた最新データを見ることができ、調整し直すために迅速に決定を下すことができます。 メンテナンス中の車や、その期間を把握できます。 スタッフのローテーションや、需要に応じ特定のエリアに担当者を追加するタイミングを知ることができます。 いつ問題が生じ、何が原因かが分かることから、結果としてカスタマー サービスと運営の質をさらに高める能力をもたらすことにつながりました。 あるいは Soriano 氏が言うように、「Qlik によって私たちは国や部門を越えて同じ情報を使えるようになりました。 誰もが同じ情報を持っています。 私たちは何がうまくいっていて、何がそうでないかを理解しています。そのため、データ主導の行動を迅速に取ることができるのです。 オフィスのマネージャーはこのすべてのデータにアクセスでき、それに対応できます」。

Soriano 氏が真実であると発見したように、時に適切な BI プラットフォームは、組織を同調させることができるのです。それがたとえ 13 か国にまたがっていてもです。 Goldcar が進む道のりは長く、 Qlik は喜んでそれにお供させていきたいと思います!