データを視覚化するにはさまざまな方法があるため、これは従うべき基本的なガイドラインの選択に役立ちます。

筆者:Patrik Lundblad 本ブログは「Dissecting How to Choose the Right Chart」の翻訳です。

ビジュアライゼーションを作成する際の最も一般的な問題の 1 つは、データを表示する最適な方法を理解していないことです。 

特にチャートを作成し始めたばかりの場合や、視覚化しようとする既存のデータセットがある場合は特にそうです。データセットを見たり、目標を念頭に置いたりすることは妥当ですが、データを視覚化し始めたばかりの場合、基本的な間違いがよくあります。

その目的を達成しなかった有名なデータ・ビジュアライゼーションの例は、この 1908 年のロンドン地下鉄路線図です。ご覧のように、この地図はロンドンのランドマークや路面との関係で地下鉄の駅を示していましたが、ある路線から別の路線に乗り換えるなどの簡単なことをしたい場合にもナビゲーションに問題がありました。

 

1931 年、London Underground’s Signals Office の技術設計者である Henry Beck 氏は、同じ情報を視覚化するより効果的な方法を考えました。路線図 (下記を参照)。この新しい地図を使用して、旅行者は駅、乗り換えの回数を簡単に数えることができるようになり、最短で目的地に移動できるようになりました。ご覧のように、同じデータを複数の方法で表示することができます。それは目的やオーディエンスに表示する内容によって異なります。 

 

データを視覚化するにはさまざまな方法があるため、従うべき基本的なガイドラインがあると役立ちます。ここに示す素晴らしいフローチャートはワシントン DC のアメリカ カトリック大学のビジネス経済学部の学部長である、Andrew Abela 博士によって製作されました。 

Abela 博士の許可を得て、独自の追加を加えた同様のチャート用意しました。この図は、あらゆるビジュアライゼーションの最も基本的な使用要素 (比較、分布、構成、および関係) を分解しており、データを適切な視覚化にマッピングするための明確な道筋をたどることができます。博士課程ではないかもしれませんが、それは良い出発点です。 

この図を詳しく見てみると、すでに見ているものに追加できる多くのチャートがあります (勾配グラフ、分布プロット、ロリポップチャートなど)。しかし、図を見る初心者のために、私はそれがわかりやすいものにしたいと思っていました。今後のブログ記事では、これらのチャートの長所と短所、およびデータを表示するために使用できる他の潜在的なチャートについて詳しく説明します。 

ビジュアライゼーションのためのデータのマッピングの 3 つの柱であると私が考えるものをより詳しく説明します。これらの 3 つの柱とはデータ属性ビジュアル エンコーディングそしてこの記事の中心である使用法です。