アクティブインテリジェンスの実現はここから始まる

ビジネスでは、日々アクションが必要な瞬間が訪れます。競争に打ち勝つためには、その瞬間を見極めるための可視性、直感ではなくデータに基づいた判断で迅速にアクションを起こすための俊敏性が必要です。

Qlik が提唱するアクティブインテリジェンスは、データとアナリティクスの新時代のソリューションで、リアルタイムのデータ提供と迅速なアクションを起こせるようになり、従来の BI では不可能なことを可能にします。

本 Web セミナーでは、業界のリーダー、データイノベーターによる事例をご紹介するとともに、クリックテック・ジャパンのリーダーが、アクティブインテリジェンスでビジネスのあらゆる瞬間を最適化する方法をご紹介します。

*内容は予告なく変更になる可能性があります。予めご了承ください。

お申し込みはこちら

プログラム

時間プログラム講演者
14:00DX を加速するアクティブインテリジェンスとロードマップ
クリックテック・ジャパン株式会社

ビジネスにおいては、日々アクションを起こすべき瞬間があります。迅速なアクションのためには、その瞬間瞬間を確実に視覚化し、データに基づく判断が求められます。アクティブインテリジェンスは、そのためのソリューションです。データとアナリティクスの新しい時代へ至る道のりについて、製品ロードマップと共にご紹介します。

カントリー
マネージャー
今井 浩ソリューション技術部
部長
濱野 正樹
14:40NEC パーソナルコンピュータの DX を支える Qlik のアクティブインテリジェンス
NEC パーソナルコンピュータ株式会社

データ活用を DX の重要な柱と考える NEC パーソナルコンピュータは、Qlik のアクティブインテリジェンスの考えに共鳴し、リアルタイムデータの活用と「アナリティクスの民主化」を目指しています。本講演ではその取り組みをご紹介します。

ICT 戦略部
シニアマネジャー
中島 智久 氏ICT 戦略部
マネージャー
大山 典子 氏
15:00Qlik Sense Enterprise SaaS による QlikView 資産の活用と BI 環境のモダナイゼーション
コマツ

弊社では、Qlik の「高度なデータ加工機能」、「QVD のデータ蓄積機能」、「連想技術の優れたデータ探索機能」を活かし、ビジュアライズだけではなく、ETL・DWH を含めた広義の BI をカバーする基盤として QlikView を利用してきました。公開しているアプリは、業務に不可欠なアプリケーションとして日常的に多くのユーザに利用されています。社内認知度向上に伴うユーザ数・用途の拡大に対応するために導入した Qlik Sense Enterprise SaaS で、既存の QlikView 資産の活用と BI 環境のモダナイゼーションの両立を目指す取り組みについてご紹介します。

情報戦略本部
システム推進第 3 部
OES 再構築チーム
主査
伊藤 大輔 氏
15:20パワーユーザー主導型の Qlik 活用について
株式会社 SUBARU

弊社では トップダウンによる BI ツールの導入・活用ではなく、パワーユーザー主導によるボトムアップで Qlik の導入・促進を図ってきました。結果、当初計画した生産情報を超えて、財務、総務、技術など、社内で扱うデータのほぼすべてが Qlik で見えるようになりました。本講演では、どのようにパワーユーザー主導型で Qlik を導入していったのかをご紹介します。

航空宇宙カンパニー
担当部長
(生産性向上)
兼 製造部品担当部長
兼 第二部品課
課長
野中 剛志 氏

開催概要

  • 開催日時:2021年 12月 2日(木)14:00
  • 参加費:無料
  • *本 Web セミナーは、パソコン、タブレット、スマートフォンから無料でどこからでもご参加いただけます。

お申し込みはこちら