ビジネスを熟知する現場の実務者たちがもっと主体的にデータ分析に取り組み、データ活用の成果を最大化する――。

デジタル革命の強者と弱者の差が徐々に広がっていくなか、全社的なデータ活用は企業の最優先課題の一つとなりました。ただし、これはデータ活用の「あるべき姿」とされながら、いくつかの壁に阻まれ、多くの企業で実現できずにいたものでもあります。

しかし、今なら実現するための環境が整いつつあります。AI(人工知能・拡張知能)の活用などにより、ここ数年でBI(ビジネスインテリジェンス)の世界は急速に進化してきました。従来は情報システム部門や専門家に依存せざるを得なかったデータ活用プロセスの多くを、現場の実務者自身がセルフサービスで柔軟かつスピーディーに実行できるようになったのです。

これら最新の環境を「データ活用できる組織づくり」にどう生かすべきか。ツールだけでなく、実務者のデータ活用スキルの向上や現場におけるデータ活用マインドの醸成といったマネジメントの仕方も非常に重要となります。

新たな気づきを得て組織を変えていくには、識者の知見や先進企業の取り組みを知ることが大きな助けになるでしょう。本セミナーでは、様々な取り組みで大きな成果をもたらす事例を含めた最新動向をご紹介します。

【基調講演】

「 リーダーの「問題意識」で変わるデータ活用の成果 」
早稲田大学ビジネススクール
教授 内田 和成 氏

【顧客事例セッション】

「 グリーにおける人事データプラットフォームの構築と活用事例 」
グリー株式会社
人事本部 コーポレート人事部 人事基盤グループ シニアマネージャー
内田 潤青 氏

<開催概要>

  • 開催日時: 2019 年 7 月 5 日(金)13:00~(受付開始 12:30~)
  • 開催会場: 大崎ブライトコアホール(東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F)https://osaki-hall.jp/access/
  • 参加費: 無料(事前登録制)
  • 参加対象:エンドユーザー企業のIT部門、ビジネス部門でデータ活用にご関心ある方
    ※販売パートナー、システムインテグレータ、コンサル事業者、個人の方はお断りしております。
  • 主催: 日経BP総研 イノベーションICTラボ
  • 共催: クリックテック・ジャパン株式会社
  • 協賛:
    プラチナ: アシスト、グランバレイ、日立社会情報サービス(ABC順)アシスト、グランバレイ、日立社会情報サービス(ABC順)
    ゴールド: ビジネスブレイン太田昭和、東芝情報システム(ABC順)ビジネスブレイン太田昭和、東芝情報システム(ABC順)
    シルバー: INSIGHT LAB INSIGHT LAB

 

詳細プログラム、登録はこちら