2021年2月~3月に行ったアプリ開発者向けトレーニングを、ご好評につき再度開催します。

Qlik Senseの基礎に始まり、便利なチャート関数やSET分析、複雑なデータ変換を行うためのロードスクリプトの構文まで、リアルな現場で使用されるレベルの分析アプリを作成するために必須の知識やテクニックを網羅的にご紹介します。

本セッションでは、全3回(各回3時間、計3日)に分けて実施します。一日だけ参加することも可能ですが、「本格的なアプリ開発ができるようになりたい」という方は3日間通じて参加いただくことをお奨めします。

※このトレーニングは、2021年2月~3月に行われた同名のトレーニングの録画再放送です。ただし、質問については、ZoomのQ&AパネルからチャットでいただければQlikのパネラーが当日放送時間内に回答いたします。

タイムスケジュール

時間 内容
7月14日(水)
14:00~17:00
1日目:Qlik Sense基礎
Qlik Senseの拡張知能やセルフサービス機能を使用して、複雑な関数の記述無しに
簡単なチャートやアプリケーションを作成するための基本的なスキルを身に着けます。
<アジェンダ>
・Qlik Senseの特徴(連想インデクシング、拡張知能、セルフサービスなど)D拡張知能やセルフサービス機能を使った簡単アプリ作成
・Qlikの特徴を活かしたデータ分析・探索
・利用できる主なチャートとそれらの用途
7月15日(木)
14:00~17:00
2日目:チャート関数やSET分析を駆使したより複雑な集計
現実のアプリ開発ではチャート関数やSET数式を多用した複雑な集計を必要とする
場面が多々あります。複雑な要件にも対応できるQlik Senseアプリ開発者になるために
必要なスキルを身に着けます。
<アジェンダ>
・Qlik Senseのチャート関数
・SET数式による複雑な集計
・アプリケーションパフォーマンスベストプラクティス
7月16日(金)
14:00~17:00
3日目:複雑なデータ変換を実現するロードスクリプト
Qlik Senseには強力なデータ変換機能であるロードスクリプトがあります。3日目は、
ロードスクリプトの使い方と頻出構文を網羅的にさらいます。ETLレベルの複雑な
変換をQlik Sense上で実行できるようになることで、通常BIでは整形できないような
複雑なデータを使用するケースにおいても、Qlik Senseのみでデータ準備から
可視化・分析までを一気通貫で行えるようになります。
<アジェンダ>
・ロードスクリプトの使い方
・ロードスクリプトの頻出構文

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

image

中嶋 翔 (1日目)

クリックテック・ジャパン株式会社
ソリューション技術部 ソリューションアーキテクト

コンサルティング企業にてBI導入、データ分析、機械学習モデル構築、AI活用支援などのプロジェクトを経て2018年11月にクリックテック・ジャパン株式会社に入社。小売・流通、製造、金融などのクライアントに対しQlik Senseの導入提案を支援しています。また、カンファレンス、セミナーへの登壇やメディアでの技術情報発信を通じたマーケティング支援をしています。

image

鈴木 由紀 (2日目)

クリックテック・ジャパン株式会社
ソリューション技術部 シニアソリューションアーキテクト

メーカー勤務後、コンサルティング企業に入社。会計・経営管理を中心に数多くのシステム構築やカスタマーサポートを実施。その過程で出会ったQlik の連想技術に魅せられて2016年にクリックに入社。現在は主に製造・流通業界に向けて業務改善を含めたQlik の導入提案活動や、文系出身の視点を生かしたビジネスユーザー目線で、デモアプリや動画、ブログなどの多数のコンテンツを発信中。

image

川畑 英貴 (2日目)

クリックテック・ジャパン株式会社
ソリューション技術部 シニアソリューションアーキテクト

日本大学理工学部(機械工学科)卒業後、半導体製造装置メーカーのSE、3D CADシステムのプログラマー、商社の営業、SIベンダーのプログラマー、製薬会社向けSFAメーカーのオペレーションマネージャー、インメモリーBI(Business Intelligence)ツールベンダーTIBCO Spotfireのシニア・ソリューション・アーキテクトを経て、今に至る。なかでもインメモリーBIには10年以上携わっている。

image

阿部 智師 (3日目)

クリックテック・ジャパン株式会社
ソリューション技術部 シニアソリューションアーキテクト

Big Dataに触れたことからデータ活用に目覚め、"LEAD WITH DATA"を推進することに。Solution Architectの視点から、お客様のDXやイノベーションを支援いたします。

参加対象

Qlik Sense、QlikViewを既にお使いのお客様、また利用をご検討頂いているユーザー様、データ分析にご興味がある方、Qlik製品をお取り扱い頂いているパートナー様など、どなたでもご参加いただけます。お気軽にご参加ください。

事前準備

Zoom(Web会議ツール)を使用します。あらかじめご利用のPCやタブレット、スマートフォンにインストールをお願いします。当セミナーのURLはお申込みいただいた方に、セミナー開催日前日までにお知らせいたします。お申し込み後は当ページからもご参加いただけます。

本トレーニングはスライド資料および製品画面を用いた説明とデモを中心に行いますので、お手元にQlik Sense環境のご用意が無くとも内容をお楽しみいただけるようになっております。  一方で、当日視聴しながら手を動かしたいという方のために、使用するデータの共有とQlik Sense環境のご用意について以下ご案内させていただきます。
・トレーニング使用データ トレーニングで講師が使用するデータは以下のURLからダウンロードいただけます。
https://qliktechnologies365-my.sharepoint.com/:f:/g/personal/dli_qlik_com/EmUDMICih3dBvrsg7sMhI3cBctXi0kS59rs2K5v63q2s-Q?e=bXg3Z8

・Qlik Sense環境の準備 Qlik Sense Business(またはQlik Sense Enterprise(Professional User権限)、Qlik Sense Desktop)を事前にご用意いただければ手順を手元でお試しいただくことが可能です。 Qlik Sense環境やライセンスのご用意が無い方はクラウド版のQlik Sense、「Qlik Sense Businessの30日無料トライアル」の利用をご検討ください。
https://www.qlik.com/ja-jp/trial/qlik-sense-business

Qlik Sense Business無料トライアルのセットアップ手順に関しては、「Qlik Sense Business 入門 ハンズオン Web セミナー」でご案内をしております。
https://go.qlik.com/JP-QlikSense-HandsOn-Webinar-Reg.html?sourceID1=JP_Blog

本トレーニングはQlik Senseアプリの開発にフォーカスしておりますので、製品自体のセットアップ・アカウント登録・ログインなどの手順については本セミナーでは触れません。適宜Helpサイトなどのリソースを参照いただき、Qlik Senseのハブ画面でアプリの新規作成ができる状態でご参加ください。

参加費

無料

お申込みはこちら