はじめに

ここでは、データマネージャーを利用した項目名の変更やデータ変換などを行う手順をご紹介します。

事前の準備

このエントリでは、「10分で試すQLIK SENSEでデータ分析」の手順に従ってQlik Sense Desktopのインストールとアプリの作成(「売上分析」アプリ)が完了していることを前提に作業を進めます。もし作業をまだ実施されていなければ、以下のリンク先の手順に従って作業を実施して下さい。

>>「10分で試すQLIK SENSEでデータ分析」

また今回、追加で「顧客マスタ.xlsx」のファイルを利用します。以下からダウンロードして下さい。

>> 「顧客マスタ」のダウンロード

データの取り込み準備

「売上分析」のアプリを開き、ダウンロードしたファイルをエクスプローラー上で参照し、「顧客マスタ.xlsx」をQlik Sense Desktopの画面上にドラッグ&ドロップします。

image

[データの追加]をクリックします。

image

以下の様な形でデータが取り込まれます。

image

データの取り込みと変換処理の追加

ここでは、新たに取り込むデータに対して以下の変換処理を

  • 「生年月日」の項目を削除
  • 「氏名」の項目名を「顧客名」に変更
  • 「顧客登録番号」に含まれるデータの先頭の「CU-」の部分を削除した「顧客コード」を作成

項目の削除

「顧客マスタ」を選択し、編集のアイコンをクリックします。

image

[ソースからのデータを選択]をクリックします。

image

「生年月日」の項目のチェックボックスをOFFにします。これにより、「生年月日」は取り込み対象外として削除することができます。[更新]をクリックします。

image

項目名の変更

「氏名」の項目名をクリックすると項目名が編集可能となります。項目名を「顧客名」に変更します。

image

データの分割

データのプレビューを確認すると「顧客登録番号」のデータの先頭に「CU-」が含まれていることが確認できます。ここでは、この「CU-」を除いた数値コード部分のみを新たな項目に格納します。「顧客登録番号」を選択し、[分割]タブを選択します。区切り記号が「-」に適用されていることを確認し、「顧客登録番号-1」の選択をOFFにして[項目の作成]をクリックします。

image

「CU-」を除いた数値コード部分のみを格納する「顧客登録番号-2」が作成されました。右上の「X」ボタンをクリックします。

image

画面右側の推奨される関連付けの[すべてをプレビュー]をクリックします。「売上明細」に含まれる「顧客コード」と、先ほど作成した「顧客登録番号-2」が関連付けの推奨として表示されました。このように、項目の変換処理を行って新たに項目を作成し、その項目をキーとして利用して他のテーブルと紐づけることができます。

image

[すべて適用]をクリックし、「データのロード」をクリックすると作成したデータモデルに従ってデータが取り込まれ、データの分析を開始することができます。

image