このブログはKevin Haneganによるブログ「Coronavirus: Do You Know Your Data?Coronavirus: Do You Know Your Data?」の翻訳です。


現在、COVID-19と進行中の世界的なパンデミックにより、メディアやソーシャルプラットフォーム上で、これまで以上に多くのデータが氾濫していることを私たちは認識しています。私たちはそれが何を意味しているのかを考えなければなりません。

私はQlikでの役割に加えて、データリテラシープロジェクトのラーニングアドバイザーも務めています。そのため、データが何を言っているのかをよりよく理解し、データに正しい質問をして、すべてを文脈に当てはめる手助けをしたいと思っています。

そこで、今後数週間の間に、データリテラシープロジェクトの仲間のアドバイザーと一緒に、あなたが目にしている統計的な記述を説明するお手伝いをする予定です。私たちの役割は、COVID-19の最新情報をお伝えすることでも、世界中で実施されている戦略についてコメントすることでもありません。むしろ、このシリーズでは、チャートやデータ、表を説明するために使われる言葉や、あなたが日常的に目にしている用語を解き明かし、それがあなたにとって今何を意味しているのかを理解できるようにしたいと考えています。

最初のエピソードでは、データリテラシープロジェクト諮問委員会のメンバーであり、元ニューヨーク・タイムズ紙でピューリッツァー賞にノミネートされたライターでもあるアラン・シュワルツ氏にご登場いただきました。私はアランと「フラットニング・ザ・カーブ(流行曲線を平らにする)」と「指数関数的」という、世界中で広く議論されている2つの重要な用語について話をします。

youtube @ データリテラシープロジェクト

今後数週間の間に、このテーマに関連したさまざまなトピックを取り上げていきます。詳細を知りたい方、または取り上げてほしいトピックがある方は、TwitterまたはInstagramでお知らせください。または、hello@thedataliteracyproject.org までメールでお問い合わせください。

それまでは、安全にお過ごしください。