このブログはKevin Haneganによるブログ「Coronavirus: Do You Know Your Data? (Episode 6: Herd Immunity)」の翻訳です。

COVID-19に関する本シリーズの最終回では、ウイルスの拡散を遅らせ、ロックダウンの時代に終止符を打つのに役立つ重要な用語、「集団免疫」についてです。

皆さんもご存知のように本シリーズの目的は、COVID-19のデータを中心に、毎日目にするチャートや表、言葉をより深く理解していただくことです。

今回のエピソードでは、アラン・シュワルツ氏と私は「集団免疫」を取り上げます。これは、ある病気が極めて稀なものになりそれ以上の感染が起こらないよう、その病気に対して免疫を持たなければならない人口の割合を推定したものです。したがって、ロックダウンやソーシャルディスタンスの問題、さらにはパンデミックのピークに終止符を打つのに役立つ重要な概念です。しかし、どのようにそれを測定するのでしょうか?そしてもっと重要なことは、どのようにしてそれを達成することができるのでしょうか?

このシリーズをフォローしてくださった皆様、ありがとうございました。引き続き、Twitter、Instagram、YouTubeなどのソーシャル投稿に#BeDataBrilliantをつけて、あなたの考えを教えてください。

これがシリーズ最後のエピソードになるかもしれませんが、LinkedIn LiveでKnow Your Dataのライブ配信を行い、最も関連性の高いエピソードを振り返ったり、質問を受けたりします。「R」に関する質問や、なぜRがCOVID-19のデータを理解する上で非常に重要なのかなど、ご質問をお受けします。