このブログはKevin Haneganによるブログ「Coronavirus: Do You Know Your Data? (Episode 4: The R Number)」の翻訳です。

今週のビデオは、フレーズや単語ではなく、一文字だけを紹介します。多くの国がロックダウンからゆっくりと移行し、再開しようとしている中で、この数字は私たちの会話を支配しています。そこで、コロナウイルスのデータを理解する上で、なぜ「R(実効再生産数)」が重要なのかを見てみましょう。

このシリーズは、新型コロナウイルスのデータに関連して私たちが毎日目にしているチャートや表、言葉についての理解を深めてもらうことを目的としています。

今週のエピソードでは、データリテラシープロジェクト諮問委員会のメンバーであるアラン・シュワルツと私が、視聴者からの要求に応え、フレーズでも単語でもないものを説明します。それは「R」という文字です。

「R(または技術的にはR0)」とは実効再生産数です。これは、ウイルスに感染した人がそのウイルスを感染させた人の平均的な数を意味し、病気がどのように広がるかの概算値として使用することができます。したがって、世界中の国がどのようにして再感染を開始するかを考える上で重要な要素となります。このことについては、最新のエピソードで説明し、Rの小さな変動がいかに重要であるか、また、Rを1以下に抑えることがなぜ重要なのかについての例をお見せします。

もっと詳しく知りたい方、メディアやオンラインで見たことについて話したい方は、Twitter、Instagram、YouTubeでお知らせください。または、hello@thedataliteracyproject.org でお問い合わせください。

それまでの間、皆様がお元気でいられることを願っています。