概要

第7回目のヘルスケア勉強会でも「探索編」「加工編」の2つのパートでお話しします。

探索編では、NDBオープンデータの第1回から第6回の処方薬のデータを利用して、後発品の普及状況について探索してみます。
加工編では、前回まで探索編で取り上げていた病床機能報告のアプリを作るには、どのようにデータを扱えばよいかを解説します。DPCの手術別疾患別集計データの取り込みを体験された方は簡単に思われるかもしれません!
ここまで足慣らし(?)で、第8回にはDPCの様式1やEFファイルの活用の方向にいきたいなと考えています。DPCの生データを取り込めるアプリを作っていこうかなと思いますので、皆さんと一緒に現場で役立てられるアプリができるとよいなと思ってます。

image

参加者のかたも自由に質問や発言していただき、一緒に勉強していきましょう。事前にQlik Japan Healthcare Communityにテーマに沿った質問をにあげていただくと、セミナーの中でご説明させていただく場合もあります。

*Zoomのミーティング形式で実施します。参加者同士はアカウント名を見ることができます。ニックネームでのご参加でもかまいません。

アジェンダ

本セミナーの趣旨
Qlik Senseの概要
[探索編](厚労省 NDBオープンデータ)処方薬6年分を利用した後発品の普及状況の探索
[加工編](厚労省 病床機能報告)病床機能報告データの前処理(以外に簡単?!)
Q&A
次回取り上げるテーマ

ファシリテーター

村田 太郎

クリックテック・ジャパン株式会社
営業本部 Japan Sales Team Lead

Qlikに入社して5年、公共・ヘルスケア分野を中心に営業活動を実施。Communityサイトに、Qlik Healthcare Japanグループを立ち上げ、業界に役立つ情報を発信しています。自分でQlikアプリも作成してしまうクールな知性派。Awesome City Clubをこよなく愛するもんじゃの街の住人。

参加対象

医療関係者でデータ活用にご興味がある方、またQlik をご利用いただいている方、どなたでもご参加いただけます。お気軽にご参加ください。事前に下記よりQlik Sense 入門ハンズオンWebセミナーをご利用いただいてご体験頂くと、さらに当セミナーの内容をご活用いただけます。
Qlik Sense Business 入門 ハンズオン Web セミナー

事前準備

Zoom(Web会議ツール)を使用します。あらかじめご利用のPCやタブレット、スマートフォンにインストールをお願いします。当セミナーのURLはお申込みいただいた方に、セミナー開催日前日までにお知らせいたします。お申し込み後は当ページからもご参加いただけます。

参加費

無料

お申込みはこちら