★18時開始となっています。ご注意ください。
第9回目のヘルスケア勉強会ではDPCデータの各ファイルを利用した分析がしやすくなるようにするには、どのようなデータモデルを作成すればよいかを取り上げます。
前回は、DPCファイルとはなにか、様式1やEFファイルがどのようなデータかについて見てみました。
今回はこれから行う分析の下準備として、各ファイルをどのようなキーで結合しデータモデルを作成すればよいのか、また、どのようなマスターファイルを結合するとより分析が行いやすくなるのかを試行してみます。
データ分析は下準備が重要ですが、これを乗り越えると分析に進めますね。分析の練習問題も2~3取り上げたいと思います。
image

自院のデータを利用してみたいという方にはQlik Sense Desktopをお貸出ししますのでご連絡ください。
一度アプリを作っておくと、毎月生成されるデータの取り込みはボタンを一回押すだけになるので、分析に集中できますね。

出来合いの分析では物足りない、あんなこと、こんなこといろいろとアイデアを出し合って試してみましょう!
事前にQlik Japan Healthcare Communityにテーマに沿った質問をにあげていただくと、セミナーの中でご説明させていただく場合もあります。

アジェンダ:
  • Qlik Senseの概要
  • 前回の復習
  • Hファイルとはどのようなデータ?
  • 様式1, EFファイルなどを結合してみましょう
  • 分析に必要なマスタデータとは?
  • データモデルの作り方
  • 練習問題
  • Q&A
  • 次回取り上げるテーマ

ファシリテーター

村田 太郎

クリックテック・ジャパン株式会社
営業本部 Japan Sales Team Lead

Qlikに入社して5年、公共・ヘルスケア分野を中心に営業活動を実施。Communityサイトに、Qlik Healthcare Japanグループを立ち上げ、業界に役立つ情報を発信しています。自分でQlikアプリも作成してしまうクールな知性派。Awesome City Clubをこよなく愛するもんじゃの街の住人。

参加対象

医療関係者でデータ活用にご興味がある方、またQlik をご利用いただいている方、どなたでもご参加いただけます。お気軽にご参加ください。事前に下記よりQlik Sense 入門ハンズオンWebセミナーをご利用いただいてご体験頂くと、さらに当セミナーの内容をご活用いただけます。
Qlik Sense Business 入門 ハンズオン Web セミナー

事前準備

Zoom(Web会議ツール)を使用します。あらかじめご利用のPCやタブレット、スマートフォンにインストールをお願いします。当セミナーのURLはお申込みいただいた方に、セミナー開催日前日までにお知らせいたします。お申し込み後は当ページからもご参加いただけます。

参加費

無料

お申込みはこちら