概要

Qlik Senseを運用するにあたりストリーム、アプリケーション、シート、データ、ユーザーなどに対するアクセス制御を実施してガバナンスを効かせることが重要になってきます。しかし、具体的にどのように設定すれば良いのか公開されている資料ではわからないこともあるかと思います。
そこで今回のセッションでは、Qlik Sense on Windowsのセキュリティ概要および、ストリーム、アプリケーション、シート、データに対するアクセス制御の具体的な設定方法について説明します。

Security

アジェンダ

・Qlik Senseセキュリティ概要
・ユーザー情報の取得
・リソースアクセス制御
・Section Access
・管理者アクセス制御 等

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

image

クリックテックジャパン株式会社
ソリューション技術部プリセールスチームリード

大学卒業後、半導体製造装置メーカーのSE、3D CADシステムのプログラマー、商社の営業、SIベンダーのプログラマー、製薬会社向けSFAメーカーのオペレーションマネージャー、インメモリBIツールベンダーTIBCO Spotfireのシニア・ソリューション・アーキテクトを経て、今に至る。なかでもインメモリーBIには15年間携わっている。

 

参加対象

Qlik Sense、QlikViewを既にお使いのお客様、また利用をご検討頂いているユーザー様、データ分析にご興味がある方、Qlik製品をお取り扱い頂いているパートナー様など、どなたでもご参加いただけます。お気軽にご参加ください。

これまでQlik Senseをご利用されたことのない方は、事前に下記よりQlik Sense 入門ハンズオンWebセミナーをご利用いただいてご体験頂くと、さらに当セミナーの内容をご活用いただけます。
Qlik Sense Business 入門 ハンズオン Web セミナー

事前準備

Zoom(Web会議ツール)を使用します。あらかじめご利用のPCやタブレット、スマートフォンにインストールをお願いします。当セミナーのURLはお申込みいただいた方に、セミナー開催日前日までにお知らせいたします。

参加費

無料

お申込みはこちら