はじめに

今回はQlik Senseで地図のチャートを作成する手順をご紹介します。Qlik Senseでは「ポイントマップ」と「エリアマップ」という2種類の地図チャートを作成することが可能ですが、それぞれの作成手順をご説明します。

準備

事前のQlik Sense Desktop導入とアプリ作成

このエントリでは、「10分で試すQLIK SENSEでデータ分析」の手順に従ってQlik Sense Desktopのインストールとアプリの作成(「売上分析」アプリ)が完了していることを前提に、作成済みのアプリに地図のチャートを追加する形で作業を進めます。もし作業をまだ実施されていなければ、以下のリンク先の手順に従って作業を実施して下さい。

>>「10分で試すQLIK SENSEでデータ分析」

サンプルファイルのダウンロード

このエントリでは、「都道府県_ポイントデータ.csv」と「都道府県_エリアデータ.csv」という地図情報を含んだ2個のファイルを追加で利用します。以下のリンクからZIPファイルをダウンロードし、任意のフォルダに展開して下さい。

>>サンプルデータダウンロード

作成できる地図の種類

Qlik Senseでは、以下の2種類の地図チャートを標準で作成可能です。

ポイントマップ

ポイントマップでは以下の形でOpenMapなどの地図イメージを背景に表示させ、売上金額などに応じてサイズや色の濃淡が異なるバブルを地図上に配置することができます。

image

今回は、「都道府県_ポイントデータ.csv」という緯度経度の情報を持つファイルを追加し、既存アプリの都道府県の情報に紐付を行うことで指定された緯度経度にバブルを表示させます。

エリアマップ

エリアマップでは、以下の形で都道府県の単位などでエリアを区切り、売上金額などに応じて各エリアの色の濃淡を変えて表示させることができます。

image

今回は、「都道府県_エリアデータ.csv」という図形描画を行うためのポリゴン情報を持つファイルを追加し、都道府県のエリアマップを表示させます。尚、一般的にはKML(Keyhole Markup Language)と呼ばれる地理空間情報を保持するXML形式のファイルが利用されますが、ここではCSV形式に事前に変換したファイルを利用します。

ポイントマップの作成

データの取り込み

では、まずポイントマップの作成を行いたいと思います。既に作成済みの「売上分析」のアプリを開いてください。

image

ダウンロードした「都道府県_ポイントデータ.csv」をQlik Senseの画面上にドラッグ&ドロップします。

1

データのプレビューで「Latitude」と「Longitude」の列にはそれぞれ緯度と経度の情報が格納されていることが確認できます。「データの準備」をクリックします。

12

データセットがバブルとして表示されます。右横の「推奨事項に従ってデータを関連付け」アイコンをクリックします。

12-3

データセットが結合されたことを確認します。

image

「売上明細」と「都道府県_データポイント」の接合部をクリックすると下部にデータのプレビューが表示されます。自動的にデータの分析が実行され、最適なキーとして判断された「都道府県コード」でデータセットの関連付けがなされていることが確認できます。

12-4

右上の「データのロード」をクリックします。

12-5

「シートを編集する」をクリックします。

13

ポイントマップの追加

右上の「新しいシート」ボタンを選択して「シートの新規作成」をクリックし、新しく作成されたシートをクリックしてシートを開きます。

3

左側からチャートのアイコンをクリックし、表示されるチャート一覧から「マップ」を選択してシート上にドラッグ&ドロップします。

14-1

「軸を追加」をクリックし、「Latitude_Longitude」>「都道府県(ポイント)」を選択します。

ポイントの追加

以下の様に地図のチャートにバブルが表示されるのを確認してください。

image

左側から項目アイコンをクリックしてパネル表示を「項目」に切り替え、「販売価格」の軸をマップ上にドラッグ&ドロップします。

14-2

「メジャーとして追加」>「Sum([販売価格])」を選択します。

1

右側の「プロパティ」を開いて「レイヤー」タブを選択し、バブルサイズのスライダをスライドさせてバブルのサイズを調整します

7

「スタイル」>「プレゼンテーション」タブを選択し、「ナビゲーション」をONにします。

1

「スタイル」>「色と凡例」タブを選択し、「色」の自動設定をOFFにして「メジャーごと」を選択します。

1

以下の様に地図のチャートのバブルの色がグラデーションで表示されたことを確認してください。

image

右上のメニューの「完了」をクリックし、編集モードを完了します。

9

右上のナビゲーションでズームを調整します。以下のような地図が完成したことを確認します。

image

エリアマップの作成

データの取り込み

ダウンロードした「都道府県_エリアデータ.csv」をQlik Senseの画面上にドラッグ&ドロップします。

11

「データの準備」をクリックします。

18-1

右横の「推奨事項に従ってデータを関連付け」アイコンをクリックし、右上で「データのロード」をクリックします。

18-3

「閉じる」をクリックします。

18-4

画面左上の「ナビゲーション」アイコンをクリックし、「データロードエディタ」を選択します。

18-5

「自動生成セクション」のタブを選択し、「新規セクションの作成」をクリックします。

image

「自動生成セクション」の下に新たなセクションが追加されます。このセクションに以下のステートメントを記入します。この処理により都道府県の図形描画を行うためのポリゴン情報を持つ列に「$geopolygon」というタグが振られ、Qlik Senseはこの列の情報を元に地図の描画を行います。

Tag Fields エリア with $geopolygon;

image

画面右上の「データのロード」をクリックし、再度データのロードを実行します。

リロード実行

データのロードが完了したら「閉じる」をクリックします。

データロードの完了

エリアマップの追加

画面左上の「ナビゲーション」アイコンをクリックし、「アプリの概要」を選択します。

image

前のステップで作成したシートをクリックしてシートを開きます。

image

画面右上の「編集」ボタンをクリックして、シートの編集モードに変更します。

14

左側からチャートのアイコンをクリックし、表示されるチャート一覧から「マップ」を選択してシート上にドラッグ&ドロップします。

15

「軸を追加」をクリックし、「エリア」>「都道府県(エリア)」を選択します。

軸の設定

以下の様にエリアマップが表示されるのを確認してください。

image

左側の項目アイコンをクリックしてパネル表示を「項目」に切り替え、「販売価格」の軸をマップ上にドラッグ&ドロップします。

18-6

「色の割り当て」>「メジャー別」>「Sum([販売価格])」を選択します。

1

以下の様に都道府県に色の濃淡が反映されたことを確認します。

image

右側の「プロパティ」を開いて「背景」タブを開き、「表示」をオンにすると、背景の地図が表示されます。

image

プロパティの「スタイル」>「プレゼンテーション」タブで、「ナビゲーション」をONにします。

image

右上のメニューの「完了」をクリックし、編集モードを完了します。

9

右上に表示されたナビゲーションでズームを調整します。以下の形でエリアマップが完成したことを確認してください。

image

まとめ

以上、Qlik Senseで「ポイントマップ」と「エリアマップ」という2種類の地図チャートを作成しました。

<< 10分で試すQlik Senseでデータ分析 | 目次 | マスターカレンダーの自動生成 >>