By Scott Jennings  2016年3月2日 (本ブログ記事は 2016年3月2日付のQlik Blog “All-Day Breakfast!”の抄訳です。

McDonald's

2015 年 10 月 6 日、世界が永遠に変わりました。McDonald が朝食メニューの終日提供を開始したのです。これまで何年もの間、朝食メニューを食べ損ねる悔しい思いを幾度となくしてきましたが、そんな思いともおさらばです。エッグ マックマフィンとハッシュ ブラウン、コーヒーを求めて McDonald のドライブスルーに駆けつけたものの、到着したのは午前 10 時 33 分で、店員から「朝食メニューは 10 時 30 分までです」と言われることももうありません。McDonald の社長、Michael Andres 氏は、「これは消費者のアイデアです。 消費者がそれを求めているのです」と述べていますが、朝食メニューの終日提供が、このファースト フード レストランの売上の増加につながることも確かです。というのも 2007 年から 2012 年にかけて、朝食メニューの売上が年平均 4.8%増加する一方で、昼食や夕食の売上は横ばいまたは低下しているからです。それではなぜ同社はこれまで朝食メニューの終日提供に踏み切らなかったのでしょうか。特に、Taco BellBurger KingStarbucks などの強敵が、朝食市場に積極的に攻勢をかけている中、このことは疑問に感じられます。

終日提供にあたっては、一般に考えられているよりも複雑な、次のような課題を解決する必要があったことが指摘されています。

  • 鉄板のスペース – つまるところ問題となるのは、キッチンにある鉄板の大きさそのものです。 要するに、スペースの関係で、メニューにあるすべての種類を同時に調理できないのです。
  • フロア スペース – 小さな店舗でメニューを増やすと、人々がぶつかって転んだり、機材があちこちで道を塞いだりといった問題が多発します。
  • 品質およびサービス – メニューを増やすと、それに対応するためにキッチンが雑然とならざるを得ません。そのため、サービス提供が遅くなり、標準的な品質を満たせなくなります。
  • 客単価の低下 – 消費者が、従来の比較的価格の高い昼食や夕食ではなく、低価格の朝食メニューを選ぶようになり、売上に影響が生じる可能性があります。
  • メニューの複雑化 – フランチャイズ店は、現行のメニューが既に複雑過ぎると考えており、朝食メニューを追加するとさらに輪をかけて複雑化します。

要するに、朝食メニューの終日提供は、McDonald にとって、大きな賭けであるため、実施に踏み切るまでに多くの年月を要しました。そしてその賭けは、利益をもたらしているようです。2015 年第 4 四半期における同一店舗売上高は、過去 2 年間で初めて上昇しました。このことは 1 つの問題を提起します。将来の成長可能性をデータから見つけ出して、今すぐ活用することは可能でしょうか。 また可能な場合、どうすれば見つけ出せるのでしょうか。

以下の 3 つの条件を満たす優れたビジュアル・アナリティクス・プラットフォームは、ビジネスユーザーがデータの中から未知のチャンスを見つけ出すのに役立ちます。

  1. ツールではなくプラットフォームであること – ビジュアライゼーション プラットフォームは、ビジネスの洞察を提供し、POS システム、CRM システム、サプライ チェーン システム、外部ベンチマークなど数多くの複雑なシステムにわたって、それらのデータに潜む関係を明らかにします。またビジュアライゼーション ツールは、慎重に作成されたスプレッドシートやデータベースの中に存在する傾向を提示します。
  2. ビジネスユーザーが自分で使用できること – IT 部門は、企業内へのあらゆるテクノロジーの展開において重要な存在です。しかし、IT 部門はデータディスカバリーの対象となるビジネスに携わっているわけではありません。ビジネスユーザーの好奇心を満たせる柔軟なビジュアル アナリティクス プラットフォームを使用して、ビジネス ユーザーが自分で理論を検証し、ビジネス チャンスを発見する必要があります。
  3. 外部データセットを提供できること – ビジュアル・アナリティクス・プラットフォームは、社内データから傾向を抽出するだけでなく、気象条件、人口の基本属性、為替レートなどの外部要因がビジネス シナリオにもたらす影響を経営幹部が確認できるようなデータセットを提供する必要があります。

ビジュアル アナリティクスの使用を開始し、データに潜むストーリーの全容を解明することをお勧めします。たった 1 つの発見が、数年間の長きにわたる成長への道を開くかもしれません。。

Photo credit: SportSuburban via Foter.com / CC BY

lp-community lp-facebook lp-twitter lp-linkedin